小児歯科治療

小児歯科とは

小児歯科とは

小児歯科とは、お子さまたちのための歯科治療です。しおみ歯科医院では、お子さまたちも安心して通えるようにキッズスペースを用意し、リラックスできる環境づくりを心がけております。

歯を長期にわたって健康な状態に保つには、お母さまとお子さまが正しい知識を持ち、正しいケアを行うことが大切です。しおみ歯科医院では、食事指導や生活のアドバイスなど、ちょっと気をつけていただくことで口腔内の環境がよくなる情報をお伝えしています。

お子さまの治療を通して、歯だけでなく、全身の健康に興味を持っていただき、ご両親だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんまで健康になり、楽しい団らんの時間を持っていただけるようになることが目標です。

しおみ歯科医院の小児歯科治療

普通お子様さまは「歯医者さん」が苦手です。
しかし、歳とともに耐性はついてきますので、お子さまが小さいうちは無理をせず、1回の治療を早くし、問題が起こりにくい治療を心がけております。

お子さまの診察で特に気をつけているのは、永久歯になったときにむし歯がなく、また、歯並びを良好にするという点です。お子さまの歯が長期にわたって健康であることを目指して、おじいちゃんおばあちゃんも含むご家族全ての方の食事指導などの情報を提供しております。

咬合誘導とは

咬合誘導とは

当院では、お子さまの歯や顎の成長の力を使って歯並びや噛み合わせを正しい位置に誘導する、「咬合誘導」を行っています。
矯正歯科治療は、歯並びや噛み合わせが「悪くなってから」行う治療ですが、咬合誘導は歯並びや噛み合わせが「悪くなる前に」行う攻めの治療です。

咬合誘導は矯正歯科治療に比べて非常に安価で短期間で終わります。そのため、お子さまへの負担が少なく、むし歯の発見の遅れや進行などのリスクも減らすことができます。
咬合誘導は、反対咬合(受け口)・上顎前突(出っ歯)・叢生(乱ぐい歯)といった咬合異常を防ぐ効果が期待できます。

咬合誘導の流れ

  • 1歯並び・噛み合わせについてのご相談を承ります。

  • 2診断のため、パノラマレントゲンを撮ります。

  • 3診断を行い、治療計画をくわしくご説明します。
    (適応期は非常に短気ですので、その時期には3~6ヶ月ごとのご来院が必要になります。)

  • 4抜歯後の歯の動きを〇〇します。
    (最適な時期に乳歯や第1~第2十臼歯を抜歯します。)

お子さまの歯に関して大切にしてほしいこと

お子さまの歯に関して大切にしてほしいこと

校医・園医として指導をするときにもお伝えしていることですが、むし歯になる前の予防が大切です。食事の例をあげると、甘いものだけでなく柑橘類などに含まれる酸の取りすぎも、歯に悪い影響を与えます。普段から、お子さまの食べるものや飲むものに偏りがないかを、保護者の方がチェックしてあげてください。
歯並びや噛み合わせが悪い場合、お子さまのうちから定期的に来ていただくことで、咬合誘導のタイミングをアドバイスできます。早い段階で治療を始めたほうがラクに治せるので、咬合誘導はおすすめです。
お子さまのお口の状態によっては、歯並びを整えるために抜歯をおすすめするケースもあります。健康な歯を抜くことに抵抗がある保護者の方のお気持ちは、重々承知しておりますし、もちろん無理強いはいたしません。ただ、今のうちに抜歯しておくことで、正しい歯並びを獲得できる場合が多いということも、ご理解いただければと思います。

しおみ歯科医院では、お子さまの「今」だけでなく、「将来」を考えた治療をいたします。 お子さまの歯並びや噛み合わせに不安がある方は、ぜひご来院ください。 

pageTop